ライフスタイル・イノベーション とは →
スポンサーリンク
日々で磨く感性

植物は台風が来ても逃げられない。対策という段取り。できることとできないこと、やっても効果のあるものないもの、色々とありますが、まずはよく現場を観察して、感じて、最善を尽くすことにつきます。経験や知識ではなく観察。段取りに一番必要なこと。

植物は台風が来ても逃げられない。対策という段取り。できることとできないこと、やっても効果のあるものないもの、色々とありますが、まずはよく現場を観察して、感じて、最善を尽くすことにつきます。経験や知識ではなく観察。段取りに一番必要なこ...
日々で磨く感性

子どもが「巣箱の中で」という本を見て、巣箱が作りたいと言い出した。 作り方を見てまずはダンボールで試作。そしてホームセンターで板を買ってカットし、バーナーで焼き目をつけて、ボンドとネジで組み立てる。巣箱の穴の高さと、穴の直径で鳥の種類が変わるらしい。 巣箱を設置し毎日子どもが気になって見ている。まだまだ巣箱を使う季節ではなさそうだけれども、いつか顔を出す日が来るといいな。 そんな楽しみの段取り。

子どもが「巣箱の中で」という本を見て、巣箱が作りたいと言い出した。 作り方を見てまずはダンボールで試作。そしてホームセンターで板を買ってカットし、バーナーで焼き目をつけて、ボンドとネジで組み立てる。巣箱の穴の高さと、穴の直径で鳥の種...
日々で磨く感性

毎朝、目の前の畑で採れた野菜で作る『フルーツ&野菜ジュース』 オクラ、トマト、モロヘイヤ、ズッキーニ、紫蘇、ニンジンを朝の畑から収穫しそのままミキサーに。 ビタミンはもちろん、ファイトケミカルも、酵素も大量に自然から摂取。 その昔はビタミン剤で補給していたものの、違和感を感じて完全に野菜に移行。毎日野菜を大量に摂るには、買っていては高くつくのと、安全性と新鮮さを追求するなら、自分の手で家の前で作るのが一番。それを確信して都会から引っ越してきた。 収穫後、5分ほどでできるジュースには生命のエネルギーが凝縮されている。 高いジューサーより、新鮮で安全で採りたての野菜で作るジュースは、最高の朝食だ。 身体をつくる段取り 病気を予防する段取り 野菜生活をする段取り

毎朝、目の前の畑で採れた野菜で作る『フルーツ&野菜ジュース』 オクラ、トマト、モロヘイヤ、ズッキーニ、紫蘇、ニンジンを朝の畑から収穫しそのままミキサーに。 ビタミンはもちろん、ファイトケミカルも、酵素も大量に自然から摂取。 その昔は...
スポンサーリンク
日々で磨く感性

手づくりラムネ。 重曹とクエン酸とカキ氷のシロップ。 買ったら10円、 作ったらプライスレス。

手づくりラムネ。 重曹とクエン酸とカキ氷のシロップ。 買ったら10円、 作ったらプライスレス。 #手づくりラムネ #ラムネ #キッズドリル #コロコロカラフルラムネ #子供の料理 #重曹 #クエン酸
子育て/育児の感性と段取り

ビリヤードは、段取りゲーム

ビリヤードというゲームは、考えることのほとんどが段取りだ。 キュー(棒のこと)を打つ強さ、白玉のどの場所を打つかで玉が当たった時の動きが変わる。 もちろん、落としたい玉のどの角度に当てるか、跳ね返りの角度や距離を想像し、...
子育て/育児の感性と段取り

家事はゲームのようなもの 〜普段の生活の全てがエンターテイメント

毎朝の朝ごはんを息子と作る 「料理って、工作みたいで楽しいね」 小学2年生の息子が毎日朝ごはんを手伝ってくれます。りんごを剥くのもお手の物。彼にとっては工作でありゲームです。 彼は手伝っているという意識もあるでしょうが、それ以上に楽...
日々で磨く感性

美しさは、いつもそばにある。見ようとすれば、見えるものがある。

美しさは、いつもそばにある。 見ようとすれば、見えるものが、そこにある。 私たちの視界には、様々な映像が映る。 見えているものは無限にあるが、見ている意識のあるものは、少ない。 見ようとしているもの以外は、ほ...
メッセージ

起業家支援という社会貢献が、いまの日本にとって最大の社会課題解決

起業家は、デリケートな生き物 私も起業家でなんですが、起業家は騙されやすい生き物だと思う。 特に「大義や志のある起業家」は、ピュアな人が多い。 人の言うことを鵜呑みにし、 良さそうなことに手をつけ、 頼まれたら引き受け、 手伝ってく...
子育て/育児の感性と段取り

親が子どもに与えられる「ヒマ」という創造的機会

忙しそうな子どもたちは、親の心配を気にしている 最近の子は、忙しい。 塾にスポーツ、習いごと漬け。 ただただ、やらされ続けているように見える。 そんなことはない 本人がやりたいって言ったから、やらせている そんな反論も聞...
日々で磨く感性

“人”参、それぞれ。  ~人参の語源/言葉の由来

“人”参、それぞれ。 人参の言葉の由来は、 二股などに先が分かれていたことから人に似た形をしている姿と、 参は入り混じるという意味で髭のようなものをイメージし、 「ヒゲの生えている人」になったそうな。 ...
人生の感性と段取り

欲張って育てると、全てが育たなくなる ~栽培の間引きから学ぶ、成長と収穫の環境づくり

野菜などを育てるときに大切なことの1つに、「株間を開ける」ということがある。 ひとつひとつの苗の距離を保つことが収穫量に大きな影響を与えるという意味だ。 それはなぜか? もし満員電車のように、苗が混みいって生え...
子育て/育児の感性と段取り

野菜を感じて、成長を見届け、収穫のタイミングを感じる ~正解のない中で、感性を育てる

食べごろの野菜を、感じる 食べごろの野菜を収穫するという体験は、感性を育てる。 見た目の色や大きさ、そこから想像する味や食感、それを見極めるための想像力。 タイミングの見極めはある程度のガイドはあるもの...
スポンサーリンク