プラレールは、段取り感覚を身につける最適な一歩 ~幼児期から感覚で段取りを身につける知育玩具

タカラトミーが発売しているプラレール。

 

たかが玩具と言ってしまえばそれまでですが、私はこのプラレールがあったからこそ、段取りが身につくための基礎ができたと思っています。

 

プラレールというとただの電車好きのように思われますが、プラモデルには様々な学びの要素が詰まっています。

 

知育玩具というカテゴリーには含まれませんが、すごい知育玩具だと思います。

 

{40E89009-47DD-4BDC-9E83-3FE76086FAFB}

 

プラレールは、青色の線路を繋げて、そこに電車を走らせる玩具(オモチャ)です。

 

基本は、円をつくって、そこを周回させることから始まります。

 

image

 

大人にとって簡単なことも、子どもにはそんな単純なものではありません。

 

カーブレールは、1周が8等分されています。

 

{5E31D51C-6949-4265-86B2-B05A8E83AFBA}

 

これを組み合わせて円をつくります。

{03E92740-6DC7-4A59-B6B3-1AD029363F26}

 

もうおわかりかと思いますが、

 

プラレールは、パズルです。

 

凸と凹を組み合わせると、形になるのです。

 

 

そして、円を、楕円にします。

 

{3BA20B00-383A-49E6-9849-3B7F2BC22BB0}

 

このように直線レールを入れて、

 

円の形を元に、直線とカーブとを作って楕円にするというパズル

 

です。

 

そしてこのパズルは、単に形の遊びではないのです。

 

{8BABFF5E-1A8F-4AA3-8456-D99FFBB6B6F9}
なんと、

 

自分の作った形で、遊べる

 

のです。

 

パズルは組み上げても眺めるだけですが、そこに電車を走らせられるのです。

 

 

そこに電車を走らせることで、

 

円は繋がっているから、戻ってくる

 

ということを感覚で身につけられるのです。

 

{133FA232-6AEE-4C09-8D4B-5B14702630D6}

 

円が途切れていたら戻らない、ということです。

 

 

これは、循環という考え方です。

 

社会において、循環という考え方を学ぶことを、理論的にはわかっても、感覚で身につけることはあまりできません。

 

 

パズルの要素は、直線レールにもあります。

 

 

{F61BD376-7835-4C38-8B6D-35BA67035F32}

 

直線レールにもいろいろあります。

 

こんな風に、

 

足し算やかけ算、割り算の元になる考え方

 

が身につきます。

 

理論的なことを、感覚的に身につけられる

 

のです。

 

これって、本当にスゴイことだと思うのです。

 

{EA56CA6E-8586-4011-B1E4-B7E1B968A943}

 

そして、単線も複線にすることで、電車の進行方向を交互に走らせたり、競争させることができます。

 

また、複線にすると、周の内側は早く、外側は遅いということもわかります。

 

算数であり、理科の要素がありますよね。

 

 

勾配もつけることによって、電車が上る時に遅くなったり下る時に早くなったりします。

 

理科の要素ですよね。

 

 

走らせる電車にも、新旧があります。

 

 

{57F3CC01-7675-4165-B28A-689500F3F766}

 

石炭で走らせるものから、時速300キロで走る新幹線、最近ではリニアもあります。

 

時代(時間)感覚があったり、昔のことを知れたりします。

 

また、走る電車の形状を見ながら、早い電車の形状から感じることがあります。

 

社会だったり理科だったりする要素もありますよね。

 

 

 

{728C08B4-0CAB-461E-8938-35162545F975}

 

レールにはポイントがあったり、踏切があったり、橋があったりします。

 

情景では、駅があったりトンネルがあったりもします。

 

家の中を電車が巡り、全部の電車を繋げてみたり、長すぎてカーブで倒れてみたり、早すぎて倒れてみたりしながら、

 

なぜだろう?
どうやったらできるのだろう?

 

 

そんなことを考え続けながら、試行錯誤する機会なのです。

 

こんなものをつくりたい

早く動かしたい

 

そんな完成図からパーツを見て創り上げていくことは、段取りの基本です。

 

どうやったらうまくいくかを工夫しながら、そして想像もしないパーツを見つけて、想像以上のものを作り上げる。

 

そしてそこを使って、電車を走らせて遊べるというのは、知育玩具以上の体験や感動をも得られる、スーパー玩具だと思います。

 

私自身は、このプラレールで遊び尽くしたからこそ、今の段取り思考が身についただと確信しています。

 

妹も一緒になって遊んでいますし、これは男子だから女子だからというものでもないと思います。

 

たかが玩具、されど玩具。

 

どのように遊ばせるかで、ただの玩具にもなれば、教育や学習にも変わるものだと思います。

 

ぜひ、あなたの家にもプラレールを。笑

 

amazonでプラレールを見る

楽天でプラレールを見る

 

(タカラトミーの回し者ではありません。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。