ライフスタイル・イノベーション とは →

雪が降ったら…厄介?楽しい? 〜考える前に感じよう

子育て/育児の感性と段取り

子どもの頃、雪が降るのは楽しみなイベント。

早く積もらないかなぁと、ワクワクしながら寝て、銀世界になった朝にはハイテンションで外に。

平野部に住んでいる私には、雪は珍しいもの、貴重なプレゼント。

でも大人になったら、雪は嬉しく…迎えられなくなる。

むしろ厄介に思えることさえ。

寒い

靴が汚れる

電車が遅れる

滑ったら危ない

畑や木々の植物が心配だ

雨になるから傘が…

あんなに待ち焦がれていた雪なのに、一年に何度も降らないのに…むしろ、厄介者。

少し「考える」のを止めて「感じる」ことへ意識を向けて雪を眺める。

普段の景色があっという間に白く覆われて、まるでマジック。

雪といってもその時々で湿っぽさも違う。サラサラだったりずっしりしてたり…一言で雪と言っても、同じ雪は降らない。

思考を止める。

雪を受け入れる。

いまこの子たちと雪で一緒に遊んだ思い出。

自分にも記憶にある子どもの頃の雪の思い出。

一緒に遊んだから生まれた/生まれる思い出たち。

頭で考える雪から、
触って感じる雪に。

雪国に住む人、仮設住宅に住む人、路上生活者、障害を持つ人や高齢者の移動、今日出張の仕事の人…

「考える」よりも「感じる」ことで繋がる広がり。

雪は次第に雨に。

あっという間に、覆われた銀世界は元どおりに。

一瞬のスペシャルな時間。

永遠に変えられる特別な体験。

考える前に、感じてみよう。

何気なく過ぎてしまうことなく、きっとそれは、ステキな記憶に変わるはずだから。