スロージューサーなんていらない ~野菜自給率100%の新鮮ジュースを、毎日づつけられているコツ

野菜自給率100%のジュースが毎朝食

もう何年も飲んでいる、自家製の野菜ジュース。

スムージーではありません。

氷を入れて身体を冷やすなんてことはしません。

あくまでも、野菜と果物のジュースです。

 

私の日々の生活に、畑は欠かせません。

関東生活では買っていた野菜も、フルーツ以外はほぼ100%近い自給率です。

{8B02FFC4-2AE3-4A2D-843B-552E2819F325}

{7A95553B-2020-4A55-ABE1-F67334A8660A}

緑の野菜は、年じゅう、小松菜とケールを栽培。
夏はシソ、冬はブロッコリーも加わります。

小松菜やケール、ブロッコリーは、スーパーフードですよ!

{1AE61204-B95E-4511-80BA-3A3C9596EEB8}

種をまくだけで、無限に野菜が作れます。

もちろん、ほおっておいては、虫たちの食料にしかなりませんが。笑

 

{14EC09DB-084D-4923-A1B8-52C38681F5EE}

毎朝、2人ぶんで30枚ほどのシソを摘みます。

{92E48070-ECAA-424F-A0B7-A6B4A14E1EB2}

カマキリがバッタからシソを守ってくれています。

{2F0E42EE-7EC9-4A37-8F06-CF9AF686D1DE}

起床は4時代、毎朝の日課です。

 

{E0772BAC-8FBD-48C4-A8F4-61985A72B23C}

トマトは毎年、豊作です。

 

{E8BB4DE5-167D-4AFD-9021-86846D47A7F0}

ジュースにして冷凍して、できるだけ長い期間で消費します。

トマトは野菜ジュースに欠かせません。

スロージューサーなんて必要ない。むしろ毎日続けられない。

 

{8B02FFC4-2AE3-4A2D-843B-552E2819F325}

今日は、

小松菜
ニンジン
トマト
シソ

です。

もちろん自家製。

フルーツは、毎回パイナップルです。

これはさすがに買ってきます。

{147F2BD6-77A3-4C76-A847-E5E8E63ECBD5}

え!?
それだけこだわっているのに、
スロージューサーじゃないの?

先日、そんな感想をもらいました。

そもそも・・・なにも、こだわっていません。

生活と一体なだけで、野菜ジュースにこだわりはありません。。。
普通にあるものを普通に飲んでいるだけなのですから。

そして、、、、

 

スロージューサーなんてものはいりません。

 

{5CD9039D-39E9-4702-AC91-D16420ECC6EF}

みなさんは、これを毎日、洗えますか?

私は、ジューサーが壊れた時に、いちどレンタルで借りてみました。

箱から空けただけで、使えないことがわかりました。

あんな洗うのが手間な道具では、毎日心が折れます。

ビタミンが壊れるとか、栄養の効率がなんて言うけど、

 

壊れるならそのぶん量を摂ればいいし、

そもそも採りたての野菜(採って数分、無農薬有機肥料の完全オーガニック)だし、

毎日続けることの方が意味がある

 

と思っています。

 

ブログで薦めている記事が多いですが、アフィリエイトで稼ぎたい人だけ。

誰も使ってないですよ・・・

 

毎日使っている人なんて聞いたことないし、使っている人を1人だけ知っているけど、奥さんに洗わせてる。

もちろん、私は全部自分でジュースを作り、洗い物もします。

こだわらないことが大切。自然に忠実に生活をする。

 

{8ECB7BD7-C057-44E3-B56B-8B95BDFEE16E}
こうして、野菜ジュースを飲んで何年も経ちます。ビタミンなどのサプリメントもいらないし、

ファイトケミカル云々は日々のことだし、

太ることもさえありえません。

 

 

そして、、、

{2485498A-E7FF-4E59-8881-E5C006F22BA2}

こんな野菜や果物の皮は、

{AF6A823C-CC42-4E3A-8A6D-D7E1661894DB}

ご馳走になります。

{A229141A-B73C-4502-A1EB-22BAF2042511}

もちろん、人ではなく、

小さな虫や微生物のためのご馳走♪

家で出るゴミの多くは、生ゴミ。

燃えるゴミにしなくとも、土に還すことで減らせます。

一緒に畑をつくる虫たちのご馳走になって、一緒に畑をつくれば、また美味しい野菜になってくれます。

これが特別な感じがするかもしれませんが、自然なこととも感じますよね。

 

これはこだわりなんかじゃありません。

 

感性に自分を委ねていくと、
感性のある生活が自然とできあがっていく

のです。

 

何かが不自然なこと、

どこか流れの悪いところ、

ぎこちない理由

逆行している違和感

かといって、ストイックにはやらない
(ストイックは、排除や対立を生み、続かない)

 

感性に従って生きると、楽しいんです。

 

たかが、野菜ジュース。

されど、野菜ジュース。

 

わざわざ感性を使う何かを用意するより、

生き方の中に感性を使うことを取り入れて、

日々の生活で生き方の感性を高めていきましょう。

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。