【知識 × 感性 = 知性】情報の横流しではなく、感性で命を吹き込もう。ビジネスにも感性は重要。

知性がある?知性がない?

 

 

仕事/ビジネスの中では、知識や情報を受け取った時に、知性について感じることがあります。

 

AさんとBさんで、同じことを言っていても、

 

それが知識として受け止めることもあり、内容に知性を感じることもあります。

 

 

その違いはどこにあるのでしょうか。

 

 

知性にあって、知識にないものとは?

 

 

ち‐しき【知識】

出典:デジタル大辞泉

 

 知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい―を得る」「―をひけらかす」「予備―」

ち‐せい【知性】 の意味

出典:デジタル大辞泉

 

 物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。「知性にあふれる話」「知性豊かな人物」
 比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる精神的能力。

 

 

特に仕事/ビジネスにおいて、知性を感じない、知識をひけらかす人によく出会います。

 

理屈や理論を述べるだけで、
現実感がない

 

 

知識を乱用するだけで、実際が伴っていない時に、そんな印象を受けます。

 

沢山の知識を身につけた人は、自分に知性があると錯覚するようです。

 

 

知性とは、知識や情報そのものではありません。

 

その情報から広がる世界が感じられるかどうか?という受け手の感覚です。

 

つまりそこには、

 

知識 × 感性

 

が存在するのです。

 

知識が相手にとってリアルなものに感じるような時に、知性を感じます。

 

また、知識そのものではなく、その人の意見や意志と共に伝えられても、知性を感じます。

 

つまり、

 

伝え手が、
知識や情報に、感性を加えられれば
知性として伝わる

 

のです。

 

受け取った情報に、

何の感性を働かせず、

情報を横流しする

 

それは、

 

受けとる人が、誰も求めていません。

 

知識 × 感性 = 知性

 

単なる情報には、感性は含まれていません。

 

それはまるで、辞書です。

 

あるいは、数学の計算結果です。

 

その辞書や計算結果でさえ、伝え手が感性を加えることで、知性にさえ変わります。

 

 

単なる情報や結果であっても、自分の意志が加わったり、その結果からイメージされることを伝えられれば、そこに知性を感じるのです。

 

 

頭はいいけど、賢くない

 

知識はあるけど、知恵が無い

 

 

そこに自分なりの意志がないと、他の情報を集めてきた、ただの情報屋さんです。

 

学んだ知識とは、他人の意見や情報です。

 

それらを自分なりの意志や意見に替えること。

 

 

そこに感性がとても重要な役割をします。

 

感性は自分の意見をつくります。

 

ビジネスの現場でも、仕事において感性はとても重要な役割をするのです。

 

 

知識に、感性を加えて、知性に替えることは、

 

情報に命を吹き込むこと。

 

 

 

今日も、その知識や情報の1つ1つに、

 

あなたの感じることを沿えて、

 

命を吹き込んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

また、明日もよろしくお願いします!

 


 

 

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。