感性を楽しみながら、魚を食べる ~子どもの感性を育てる、暮らしの視点

ある日、晩ご飯で魚を食べた日のこと。

 

感性を楽しみながら、魚を食べる ~子どもの感性を育てる、暮らしの視点
(イメージ)

 

 

(子) これ、なんの魚?

 

(親) なんだろうね~、何だと思う?

 

(子) アジ。

 

(親)​​​​​​​ ブ・ブ-・・・

 

(子) じゃあ、なに?

 

(親)​​​​​​​ はるくんだったら、何て名前をつける?

 

(子) ◎△$♪×¥●&%#?!

 

(親)​​​​​​​ うーん、何て言ってるのかわからんけど、それって何でそうつけたの?

 

(子) 持って、武器にできるんじゃない~

 

(親)​​​​​​​ そうだねー、投げたら刺さりそう。

 

(子) 刀みたいで戦いができる

 

(親)​​​​​​​ おお、いい視点だねー

 

(子) 切れそう

 

(親)​​​​​​​ そう、この魚は、秋の刀の魚と書いて、サンマっていうんだよ。

 

(子) あー、サンマか-

 

(親)​​​​​​​ 刀みたいな形だから、昔の人はサンマってつけたんだって

 

(子) へー、戦えると思ったんだね。

 

(親)​​​​​​​ きっと同じように、見た目の形から名前をつけたんだね。

 

(子) これ、どうやって食べるの?

 

(親)​​​​​​​ これはまず、皮を取るんだよ。

 

(子) どこから?

 

(親)​​​​​​​ とりあえず、どこから皮が取れそうか、やってみたら?

 

(ベリベリ・・・・)

 

(子) 頭の部分は取れないんだね。

 

(親)​​​​​​​ そうだねー、魚の頭ってツルツルだねー。

 

(子) なんでここだけツルツルなの?

 

(親)​​​​​​​ 本当はこの皮もツルツルだったんじゃないかな。

魚にはウロコがあって、この皮にもうろこがついてたんだけど、取れちゃったかな。

 

(子) ウロコって何?

 

(親)​​​​​​​ そうだなぁ~、鎧(よろい)みたいなもの。服みたいな感じかな。

 

(子) 魚が服着てるわけじゃいでしょー

 

(親)​​​​​​​ でも、服みたいなウロコが、身体を守っているんだよ。

 

 

(子) この魚のどこの部分が美味しいの?

 

(親)​​​​​​​ そうだなぁ、好き好きだね。はるくんはどんなところがいいの?

 

(子) 骨のないところ。

 

骨は全部あるからなぁ~小さいか大きいかの違いだけで。

 

(そして骨を観察する・・・)

 

(親)​​​​​​​ はるくんの身体にもこんな骨あるんだよ。

 

(子) お腹の部分は、面白い形してるね。

 

(親)​​​​​​​ ここの骨、お腹を守っているんだよ。

 

(子) 曲がってるね。

 

(親)​​​​​​​ そうそう、はるくんのお腹の骨も、こんな風に曲がっているんだよ。

 

(子) 守っているんだね。

 

(親)​​​​​​​ そうそう、包まれているんだよ。

 

 

(子) この魚の筋肉はどこにあるの?

 

(親)​​​​​​​ どこだと思う?

 

(子) うーん、、、、このへん。

 

(親)​​​​​​​ ピンポーン、正解は~・・・・全部でした~!

 

(子) 全部筋肉?

 

(親)​​​​​​​ そうそう、だいたいは筋肉。

はるくんもね。

 

(子) へー、どこの筋肉が強いの?

 

(親)​​​​​​​ さて、どこでしょう~

 

(子) うーん、このヘン。

 

(親)​​​​​​​ ピンポーン!なんでそう思ったの?

 

(子) だって、魚はクネクネして泳ぐから。

 

(親)​​​​​​​ 正解~、クネクネするのに、筋肉必要だからね。

 

(子) でもどうしてクネクネできるのかな~

 

(親)​​​​​​​ ねぇ、不思議だねぇ~、どうしてだと思う?

 

(子) ここに骨があるけど、これが動くのかなぁ。

 

(親)​​​​​​​ ちょっとやってみようか。

(食べて骨だけ取り出して動かしてみる)

 

(子) へー、骨が泳いでる~

 

(親)​​​​​​​ はるくんの骨も、こんな風に動いているんね、きっとね~

 

(子) じゃあ、水に入れたら泳ぐんじゃない?

 

(親)​​​​​​​ じゃあ、入れてみる?

 

(子) うん!

 

(沈む・・・)

(親)​​​​​​​ 泳がなかったねぇ~

 

(子) 生きてないもん

 

(親)​​​​​​​ そう、もう生きてないからねぇ、はるくんが食べちゃったし。

 

(子) いつ死んだの?

 

(親) いつだろうねぇ~

魚釣った時は生きてたんだろうけどね。

 

 

 

こんな会話を永遠としながら、夕方からみんな一緒にご飯を食べています。

 

説教臭くなく、

 

勉強チックにしなくても、

 

親が期待するような正解を言わなくても、

 

やっても無駄だと思うこともあるけれど、

 

 

自分で考えて

 

想像して

 

それなりの答えを出して

 

関係性を見つけていくこと</ p>

 

それが、

 

 

感性を養うことだと考えています。

 

 

感性を通じて得たことは、答えを理解することではなく、

 

感覚で得て、感覚を生み出すこと。

 

 

感性で話せば、

 

子どもだけじゃなく、大人も感性が育ちます。

 

 

感性は、

 

無限の想像力と可能性を生み出せるブラックボックス

 

です。

 

 

 

 

これが将来どう活きるのか?

 

あなたならどうイメージしますか?

 

きっとあなたの感性が、その可能性の広がりを描いてくれるでしょう。

 

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。