ライフスタイル・イノベーション とは →

子育て/育児の感性と段取り

未来を考えたとき、私たちの子どもがどのような社会で生きているのか?

それまでの間、どのような教育をし、どのような環境で、感性を養い、体験や経験を積んでいくのか?

判断基準のないなかで、子育てに対してどのように向き合っていくのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク
子育て/育児の感性と段取り

ビリヤードは、段取りゲーム

ビリヤードというゲームは、考えることのほとんどが段取りだ。 キュー(棒のこと)を打つ強さ、白玉のどの場所を打つかで玉が当たった時の動きが変わる。 もちろん、落としたい玉のどの角度に当てるか、跳ね返りの角度や距離を想像し、...
子育て/育児の感性と段取り

家事はゲームのようなもの 〜普段の生活の全てがエンターテイメント

毎朝の朝ごはんを息子と作る 「料理って、工作みたいで楽しいね」 小学2年生の息子が毎日朝ごはんを手伝ってくれます。りんごを剥くのもお手の物。彼にとっては工作でありゲームです。 彼は手伝っているという意識もあるでしょうが、それ以上に楽...
子育て/育児の感性と段取り

親が子どもに与えられる「ヒマ」という創造的機会

忙しそうな子どもたちは、親の心配を気にしている 最近の子は、忙しい。 塾にスポーツ、習いごと漬け。 ただただ、やらされ続けているように見える。 そんなことはない 本人がやりたいって言ったから、やらせている そんな反論も聞...
スポンサーリンク
子育て/育児の感性と段取り

野菜を感じて、成長を見届け、収穫のタイミングを感じる ~正解のない中で、感性を育てる

食べごろの野菜を、感じる 食べごろの野菜を収穫するという体験は、感性を育てる。 見た目の色や大きさ、そこから想像する味や食感、それを見極めるための想像力。 タイミングの見極めはある程度のガイドはあるもの...
子育て/育児の感性と段取り

完成品では、元の姿と変化の過程を想像できない

日々の生活では、完成品を買うことが多い。 元の姿を見ることなく、加工後/調理後の姿だけを目にする。 元の姿…材料が何であるのかは知識でわかっていても、その姿が変わっていく過程を知らないことも多い。 野菜や肉も、元の姿は一部だっ...
子育て/育児の感性と段取り

雪が降ったら…厄介?楽しい? 〜考える前に感じよう

子どもの頃、雪が降るのは楽しみなイベント。 早く積もらないかなぁと、ワクワクしながら寝て、銀世界になった朝にはハイテンションで外に。 平野部に住んでいる私には、雪は珍しいもの、貴重なプレゼント。 でも大人になったら、雪は嬉しく…迎...
子育て/育児の感性と段取り

子育てに人生の時間を合わせたライフスタイル ~子どもに伝えたい5つのシンプルで大切なこと

子育ての期間、親は子に何ができるのだろうか 子育ては、一時期のこととはいえ、数年間もの時間。 「終わってしまえばあっという間」というけれど、その間に余裕などほとんどないことも事実。 あれよあれよと、時間だけが過ぎていく・・・ ...
子育て/育児の感性と段取り

子育てはハンズオン。親の学歴意識が子どもの生きぬくチカラを弱める ~学校や塾に子どもの未来をアウトソースする親に伝えたいこと

高校生の時、大学に行く理由が見つからなかった 私は、名古屋市立の小学校から中学校、そして愛知県立の高校を卒業しました。 いわゆる普通科と呼ばれる学部ですが、今を思えば、 普通科って何科なんでしょうかね。。。 不思議な科目...
人生の感性と段取り

花はすぐに咲かない、実はすぐに実らない 〜ご褒美に潜む副作用に注意。肥料の与えすぎは植物を枯らす

成果を早く見たい、"はやる"気持ち 成果を、花や実と例えるなら、 早く見たい、早く得たい そう思うのは、正直な気持ちです。 でも、 今日撒いた種は、 今日植えた苗は、 すぐに...
子育て/育児の感性と段取り

子どもの感性のスイッチを止めているのは、誰? 〜親の望みを叶えるために子は生まれてきた訳じゃない

親)どう?今日のご飯おいしい? 子)うーん、、、、 親)どうしたの?おいしくないの? 子)おいしくないなんて言ってないよ。 親)だって、何も言わないじゃない。。。 子)え...
子育て/育児の感性と段取り

ガラパゴスな日本企業でしか活躍できないリスク ~子どもも同じ道を辿らせないように

日本は少子化に向かっているということで、外国人の労働力をアテにしています。 移民受け入れを国策にして、いますが、その外国人労働。 コンビニや建設現場など、作業をする人達だけだと思っていませんか? 人...
子育て/育児の感性と段取り

あと5年で人工知能全盛時代がやってくる! 子どもを社会で失業させないために、親が今できること

AI(人工知能)の話題が、産業や労働の分野で賑わっています。 過度なAIへの期待と、過度なメディアの煽りによって、少し大げさになっていますが、そういったAIが社会に普通に入り込んで来るのも、時間の問題です。 私は...
スポンサーリンク