ライフスタイル・イノベーション とは →

親が子どもに与えられる「ヒマ」という創造的機会

子育て/育児の感性と段取り
スポンサーリンク

忙しそうな子どもたちは、親の心配を気にしている

最近の子は、忙しい。

塾にスポーツ、習いごと漬け。

ただただ、やらされ続けているように見える。

そんなことはない
本人がやりたいって言ったから、やらせている

そんな反論も聞くけれど、誘導してはいないだろうか?

 

Yesと言わせるように質問をすることなど、簡単だ。

興味が無いと反論されれば、

絶対やった方がいい
やってみれば面白い
役に立つから

と、思考停止させ説得していることに気づかない。

まるで、

芸を仕込むかのように
ロールプレイングゲームのレベルアップかのように

自分の思い通りのキャラクター育成をしているよう。

自分がやれなかったから、やらせたい

そんな声もよく聞くけれど、親の無念を晴らすために生まれたわけじゃない。

全て、

自分がさせたいから

という自己欲求の押し付け。

親のエゴ。

でもそれは認めたくない。

本人が困らないように

とは言うものの、そのほとんどは、

自分が困りたくない

ということへの保険。

困りそうな親を見て、困らせたくない子どもが、自分の意思ではない選択をする。

 

親を困らせたくないがために、親の言うことを聞いている。

 

言うことを聞くのは、良い子?

親は、

「聞き分けのいい/物分かりのいい子ども=良い子」

と勘違いをする。

親の顔色や期待に応えようと、自分の意思を殺していく。

 

社会では悲しい事件が多い。

受験に失敗をした子どもたち、就職できなかった子どもたちが、自ら命を絶つのを聞くだけで辛い。

きっと当事者の親も、そんなつもりはないだろうし、良かれと思って起きた災難。

 

誰にとっても不幸でしかない。

 

しかし事件になるまでは、自分の思い通りのキャラクターに育てた親が、子離れできず、大人になっても人生の口出しをし続けている。

 

いつまで経っても自立できない。

 

迷ったり、失敗したり、苦労することは、できるだけ避けたほうが、親にとって安心なのだろう。

迷わせたくない、失敗させたくない、苦労させたくない…

そんな経験がまるでダメな事かのように、親が事前対策に必死になる。

 

先回りして高速道路を作り、そこにただただまっすぐ走るだけの子ども。

表情もなく、脇目も逸らさず、ただ前を向いて、
ピカピカの車で、泥汚れの一つもない車で。

少し舗装されていない道路、
雨が降ったり、
渋滞する道に入ると、
途端に耐えられなくなる。

少しの故障も自分で直せず、
カーナビが壊れたら家にも帰れない。

きっと、途方に暮れてしまうに違いない。

 

子どもの時間は、親が決めるものではない。

自分で自分の時間を決めるようにしないと、人生という時間の使い方さえ、誰かに聞かないときめられなくなる。

 

親が子どもに与えられるのは、感じる&考える「時間」

親は子にできることはなんだろうか?

どうしても、答えを言いたくなる、それはよくわかる。

だけれど、大切なのは、本人が悩み考える時間。

感じること、感情と向き合うこと、

そして

仮説を立てて、解決に向けて考えること。

 

一番良いのは、出来るだけ、ヒマを与えること。

目的に道具も与えず、時間だけ与える「ヒマ」。

 

しかも、親は何も鑑賞せず、ただただ、遠くから見守る

見守るとは、見て、そして守ること。

危険な時だけ、介入する。

 

最近、うちの子と遊ぶ子たちも、「おもちゃ」という道具がないと遊べない子が多い。

すぐ「何かないのか」「つまんない」「ゲームがしたい」と口走る。

 

何も無くとも。楽しめる、オリジナルのゲーム

 

人生のほとんどは、そんなゲームなのだ。

 

正解のない、人生ゲーム

ゴールのわからない、やり方が無限の、壮大な楽しみなのだ。

でも、目的やゴール、手段が与えられないと、何も手のつかない子どもも多い。

社会人を見てても、全く同じだ。

AI云々と言われる時代。

0から1、つまり「無から生み出せるチカラ」が問われている。

感性は、生み出すチカラの基となる。

どうしたいのか?
どこへ向かいたいのか?
なぜそう思うのか?

幼少から、そこを親が設定し続けると、考えられなくなる。

自分に理由を問うことなく、選択ができてしまう。

 

子どもには、時間というヒマが必要だ。

どう時間を使っても良い、自由な時間をだ。

何もないけれど、
何を使ってもいい、
そんな自由な選択肢で、
自分の時間を創造することが最も大切だ。

未来はそうやって、つくっていくものだ。

親は少し不安になることがある。

でも、子どもの可能性を最大に広げるなら
ヒマを与えることが最も大切なのだと思う。