ライフスタイル・イノベーション とは →
スポンサーリンク
人生の感性と段取り

基準はいつも自分の中にある 〜正解のない世界で、正解を築いていくために

正解は、いつも自分の外側? 幼少から学びの時間では、いつも答えを求めるように教えられてきた。 どこかに正解があり、 その正解を全て当てられると成績が良いとされる。 いつもどこかに正解があり、 それは自分の思考や...
定番記事

栽培で理解する、感性と段取り ~植物を育てることを通じて感じ・学ぶことは、自分を大きく育てる

段取りとは何か?それは料理を作るということで理解するとわかることがたくさんあります。料理をする中には、メニューや食べる人のことなどを思い感じ、そして時間や材料、設備や予算などの制限の中で最大限の成果を出していきます。そうした料理をするという過程を実際に行ってみることで、段取りの本質を理解することができるのです。
定番記事

料理で理解する、感性と段取り ~メニューや食材、食べる人のことを思い考え感じ、制限の中で作ることに段取りは不可欠

段取りとは何か?それは料理を作るということで理解するとわかることがたくさんあります。料理をする中には、メニューや食べる人のことなどを思い感じ、そして時間や材料、設備や予算などの制限の中で最大限の成果を出していきます。そうした料理をするという過程を実際に行ってみることで、段取りの本質を理解することができるのです。
スポンサーリンク
子育て/育児の感性と段取り

完成品では、元の姿と変化の過程を想像できない

日々の生活では、完成品を買うことが多い。 元の姿を見ることなく、加工後/調理後の姿だけを目にする。 元の姿…材料が何であるのかは知識でわかっていても、その姿が変わっていく過程を知らないことも多い。 野菜や肉も、元の姿は一部だっ...
日々で磨く感性

『雪が降ったら…厄介?楽しい?』 子どもの頃、雪が降るのが は楽しみなイベント。早く積もらないかなぁと、ワクワクしながら寝て、銀世界になった朝にはハイテンションで外に。 平野部に住んでいる私には、雪は珍しいもの、貴重なプレゼント。 でも大人になったら、雪は嬉しく…迎えられなくなる。 むしろ厄介に思えることさえ。 寒い 靴が汚れる 電車が遅れる 滑ったら危ない 畑や木々の植物が心配だ 雨になるから傘が… あんなに待ち焦がれていた雪なのに、一年に何度も降らないのに…むしろ、厄介者。 少し「考える」のを止めて「感じる」ことへ意識を向けて雪を眺める。 普段の景色があっという間に白く覆われて、まるでマジック。 雪といってもその時々で湿っぽさも違う。サラサラだったりずっしりしてたり…一言で雪と言っても、同じ雪は降らない。 思考を止める。 雪を受け入れる。 いまこの子たちと雪で一緒に遊んだ思い出。 自分にも記憶にある子どもの頃の雪の思い出。 一緒に遊んだから生まれた/生まれる思い出たち。 頭で考える雪から、 触って感じる雪に。 雪国に住む人、仮設住宅に住む人、路上生活者、障害を持つ人や高齢者の移動、今日出張の仕事の人… 「考える」よりも「感じる」ことで繋がる広がり。 雪は次第に雨に。 あっという間に、覆われた銀世界は元どおりに。 一瞬のスペシャルな時間。 永遠に変えられる特別な体験。 考える前に、感じてみよう。 何気なく過ぎてしまうことなく、きっとそれは、ステキな記憶に変わるから。

『雪が降ったら…厄介?楽しい?』 子どもの頃、雪が降るのが は楽しみなイベント。早く積もらないかなぁと、ワクワクしながら寝て、銀世界になった朝にはハイテンションで外に。 平野部に住んでいる私には、雪は珍しいもの、貴重なプレゼント。 ...
子育て/育児の感性と段取り

雪が降ったら…厄介?楽しい? 〜考える前に感じよう

子どもの頃、雪が降るのは楽しみなイベント。 早く積もらないかなぁと、ワクワクしながら寝て、銀世界になった朝にはハイテンションで外に。 平野部に住んでいる私には、雪は珍しいもの、貴重なプレゼント。 でも大人になったら、雪は嬉しく…迎...
日々で磨く感性

植物は精一杯の太陽を浴びようと葉を伸ばる。その姿が生んだ放射状の強さと美しさ。

植物は精一杯の太陽を浴びようと葉を伸ばる。その姿が生んだ放射状の強さと美しさ。 #ブロッコリー #きりかぶ #野菜 #感性
社会・地球と感性

おたがいさま ~誰かが誰かのために、何かができる

人は誰も、 なにかができて、 なにかができない。 だから、 なにかができれば 誰かのためににそれを活かすことができる。 なにかができなくても 誰かがそれをできるはずだ。 でも多くの人は、 な...
仕事/ビジネスの感性と段取り

仕事は頼むもの ~立場で勘違いをしない、フェアな関係

仕事において、「立場」を勘違いする人が多い。 下請けだからといって、奴隷ではない。 お金を持っている、発注している、役職がある、有名な会社の人は、「立場が上」なのだろうか。 他にも代わりがいる? そんな驕...
日々で磨く感性

曖昧な社会で自由に生きる 〜分類されすぎて、居心地が悪くなった社会

すべては曖昧 この世の中の、すべては曖昧だ。 気持ちだって、 男女だって、 人種だって、 職業なんてのも 大人ということさえも 明確な線引きなんて、ない。 でも、曖昧なままでは居られない世の中だ。 なぜ、曖昧で存在できないのだろう...
日々で磨く感性

一つとして同じ形のない人参を見ていると、 や生きている全てが多様性に富んでいることを深く感じる。

一つとして同じ形のない人参を見ていると、 や生きている全てが多様性に富んでいることを深く感じる。 #多様性 #ダイバーシティ #人参 #ニンジン #不揃い
仕事/ビジネスの感性と段取り

時間泥棒への3つの防犯対策 ~時間をむやみに奪われない。生きる時間は有限だ~

時間の体感速度 時間の体感速度は、いつも違う ぼっーっとしてても、 バタバタしてても、 絶対速度は変わらないのに 時間の過ぎる感覚が違う 寝ている時間は、一瞬にして過ぎる 時間に対して、意識がない時には...
スポンサーリンク