ライフスタイル・イノベーション とは →

栽培で理解する、感性と段取り ~植物を育てることを通じて感じ・学ぶことは、自分を大きく育てる

食べる 定番記事
スポンサーリンク

栽培は、段取り。しかし、感性に頼る。

栽培には、予定調和がありません。

いくらマニュアル通りに植えたところで、予定通りに収穫できるとは限りません。

露地栽培(季節で栽培する方法)では、自然に任せながら、歩調を合わせて、感じて考えていくことが大切です。

理屈では、うまくいきません。

 

栽培を通じて得られる知識や体験で、深く理解することができます。

植物を育てるということで、感じるチカラを育て、段取りの技術を飛躍的に向上させることができます。

 

栽培の過程を実際に行ってみることで、感性や段取りの本質を理解することができるのです。

 

栽培で理解する段取り

“人”参、それぞれ。 人参の言葉の由来

“人”参、それぞれ。  ~人参の語源/言葉の由来
“人”参、それぞれ。 人参の言葉の由来は、 二股などに先が分かれていたことから人に似た形をしている姿と、 参は入り混じるという意味で髭のようなものをイメージし、 「ヒゲの生えている人」になったそうな。 ...

欲張って育てると、全てが育たなくなる

欲張って育てると、全てが育たなくなる ~栽培の間引きから学ぶ、成長と収穫の環境づくり
野菜などを育てるときに大切なことの1つに、「株間を開ける」ということがある。 ひとつひとつの苗の距離を保つことが収穫量に大きな影響を与えるという意味だ。 それはなぜか? もし満員電車のように、苗が混みいって生え...

収穫のタイミングを感じる ~正解のない中で、感性を育てる

野菜を感じて、成長を見届け、収穫のタイミングを感じる ~正解のない中で、感性を育てる
食べごろの野菜を、感じる 食べごろの野菜を収穫するという体験は、感性を育てる。 見た目の色や大きさ、そこから想像する味や食感、それを見極めるための想像力。 タイミングの見極めはある程度のガイドはあるもの...

種は撒きましたか?

収穫をしたければ、まず種を撒こう ~種がなくては芽が出ない。花も実もつかない。
 種蒔きは、しましたか? 何かを達成したい 夢を叶えたい 理想を手に入れたい そう思うのであれば、まず種を蒔こう。 土を眺めていても、始まらない。 そこに、種がなければ、芽は出ない。 ...

あなたのスイッチは、いつでもONできるようにしておこう

種の発芽スイッチ ~あなたのスイッチは、いつONになっても大丈夫ですか?
種の発芽スイッチ 種は水に浸かると、発芽スイッチが入る。 それまでは、休眠状態。 でも、水が、発芽のスイッチ。 急に起き始めて、根ができ芽が形成される。

大切なのは、見える葉よりも「根」

人も植物も、見える葉よりも根が大切 【栽培から学ぶ段取り】畑も仕事も生活も人生も、根っこが大切
大地に根を張る 大地に根を張る 私たちの日々にもこんな表現をすることがありますよね。 根を張ることで、しっかりと立つという表現で使われます。 これは、植物の根が大切だということから、人でも表現されているのです...

花はすぐに咲かない、実はすぐに実らない。栄養を与えすぎると枯れることもある。

花はすぐに咲かない、実はすぐに実らない 〜ご褒美に潜む副作用に注意。肥料の与えすぎは植物を枯らす
成果を早く見たい、"はやる"気持ち 成果を、花や実と例えるなら、 早く見たい、早く得たい そう思うのは、正直な気持ちです。 でも、 今日撒いた種は、 今日植えた苗は、 すぐに...

「雑草」と「野菜」の違い、わかりますか?

雑草と野菜の違い、わかりますか? 〜どこがラインか、何が条件かを考えてみる
雑草と野菜の違いわかりますか? 雑草にも名前があるので、本当は雑草ではありません。 人間の都合の良い植物だけ、名前で呼ばれることが多いですね。 野菜の定義は、 食用の草本 つまり、 食べられる草 らしいです。 食...

あなたにとって雨は、疎ましい雨?めぐみの雨?

疎ましい雨、めぐみの雨 〜雨が降る日常と、雨が降らない日常。都会と田舎の雨への意識の違い
都会で暮らしていると、雨は厄介でしかない とても疎ましく感じる存在 どうせなら、ずっと降らなくていい そんなことさえ思ってしまう 服は自由に選べず いつもの電車は遅れ 傘で視界が遮られる ...