ライフスタイル・イノベーション とは →
スポンサーリンク
人生の感性と段取り

風向きを感じて、風に乗る

風を感じる その風はどこからきて、どこに行くのか。 風を感じること。 風は唯一、私たちの肌で感じることができる。 私たちが走ってもまた、風を感じる。 空気をきって、風となって置いていく。 風が...
日々で磨く感性

芽キャベツが成長してきたら下の葉を取る。葉の脇に陽を当てると、そこにキャベツができる。不思議ですね〜

芽キャベツが成長してきたら下の葉を取る。葉の脇に陽を当てると、そこにキャベツができる。不思議ですね〜 #芽キャベツ #子持ちキャベツ #野菜 #キャベツ
日々で磨く感性

夏が始まる頃、冬の野菜の準備が始まる。 夏が終わる前に、土づくりを終える。 畑の段取り。

夏が始まる頃、冬の野菜の準備が始まる。 夏が終わる前に、土づくりを終える。 畑の段取り。 #段取り #段取リズム #畑の段取り #栽培の段取り
スポンサーリンク
日々で磨く感性

AIけん玉を見て感じること。 人間が感覚ででき判断することも、ひとつひとつ分解していけば、再現することもできる。「感覚的なことだから論理的な説明は無理」と諦めないことも大切。

AIけん玉を見て感じること。 人間が感覚ででき判断することも、ひとつひとつ分解していけば、再現することもできる。「感覚的なことだから論理的な説明は無理」と諦めないことも大切。
人生の感性と段取り

花はすぐに咲かない、実はすぐに実らない 〜ご褒美に潜む副作用に注意。肥料の与えすぎは植物を枯らす

成果を早く見たい、"はやる"気持ち 成果を、花や実と例えるなら、 早く見たい、早く得たい そう思うのは、正直な気持ちです。 でも、 今日撒いた種は、 今日植えた苗は、 すぐに...
仕事/ビジネスの感性と段取り

感性を活かす経営 〜感性が一線にブレーキをかける、感性のコンプライアンス経営

経営に感性は活かされているでしょうか。 むしろ、感性を使わないようにしているのかもしれませんね。 感性を使うことは、感覚的なイメージと捉えかねないので、使うことを躊躇している人も多いようです。 どうしても、知や...
日々で磨く感性

疎ましい雨、めぐみの雨 〜雨が降る日常と、雨が降らない日常。都会と田舎の雨への意識の違い

都会で暮らしていると、雨は厄介でしかない とても疎ましく感じる存在 どうせなら、ずっと降らなくていい そんなことさえ思ってしまう 服は自由に選べず いつもの電車は遅れ 傘で視界が遮られる ...
日々で磨く感性

新しい体験は、新しい感覚・そして感性を刺激する

新しい体験は、新しい感覚・そして感性を刺激する #ドローン #感性 #感覚
仕事/ビジネスの感性と段取り

肩書きの付けられない職業、名前のない仕事

どんなご職業をされているんですか? 私にとって、最も答えが難しい質問の1つです。 私) ・・・えっと、起業家です。 相手) 起業家ってことは、社長ですか? 私) いや、...
日々で磨く感性

鳥にミニトマトが食べられてしまいます。黄色いキラキラ紐も効かなかったので、CD/DVDの登場。どうかなぁ〜

鳥にミニトマトが食べられてしまいます。黄色いキラキラ紐も効かなかったので、CD/DVDの登場。どうかなぁ〜 #ミニトマト #鳥害 #鳥の被害 #鳥対策
人生の感性と段取り

老後に人生を楽しむのでは遅い 〜なぜ65歳で仕事を引退したくなるのか

老後って、何ですか? 人生100年時代、ライフシフトという本が流行ってますね。 立ち読みしましたが、いろいろと考えさせられる人もいますよね。 読んで欲しい!という人の顔も浮かんできました。 私はそ...
日々で磨く感性

子供はすっかり夏休みモード。 庭のプールサイドで仕事中。 環境を整えればどこでも仕事は捗る。

子供はすっかり夏休みモード。 庭のプールサイドで仕事中。 環境を整えればどこでも仕事は捗る。 #子育て #仕事 #環境依存しない #ノマドワーカー
スポンサーリンク