美しさの追求に正解はなく、比較にも意味がない。美しさは『感性の違い』なだけ。

【美しき焼きおにぎり】 美しさの追求に正解はなく、比較で示せるものでもありません。美しさも『感性の違い』で捉えどころも変わるので、あってないようなもの。 だから『感性は自分の尺度』なのです。 誰もが持っているその尺度も、自分が受け入れられるか否かによって、自信があるか否かにも影響するのでしょう。 でも、感じたことは全てが事実。 全部受け止めて自分の感性を受け入れてあげることが、何よりも大切なことだと思うのです。

感性は自分の尺度

『美しさの追求』には正解がなく、比較で示せるものでもありません。

美しさも、感性の違い。

人によって、捉えどころも変わるので、あってないようなもの。

美しいと思う人も、思わない人もいて、当然なのです。

 

だから『感性は自分の尺度』

 

感性は、自己満足でいいんです。

誰かのための感性ではなく、自分のための感性。

信じていいし、誰かのために使ったり、無理に合わせたりする必要もないのです。

 

きっと、この世の誰かも、同じような感性の持ち主が居ることでしょう。

たまたま、周囲にはいなかっただけ。

でもその人とも、全く同じということはありません。

感じたことは、事実

自分の持っている感性を信じられるか。

 

誰もが持っているその尺度も、自分が受け入れられない/受け入れたくないということもあるでしょう。

それによって、自信があるか否かにも、影響するのかもしれません。

 

でも、感じたことは全てが事実。

正解も間違いもなく、すべてが事実です。

自分の思ったことを、自分で受け止めること。

「自分は、そう思ったんだよね」と、自分を肯定することが大切だと思うのです。

もちろん、自分が受け止めることであって、それを人に押しつけることとは違います。

 

全部受け止めて、自分の感性を受け入れてあげること。

誰かのための感覚や感情ではなく、自分のためにあるもの。

自分の感性は、自分が受け止めてあげましょう。

 

子どもからお年寄りまで、誰もが、何よりも大切なことだと思うのです。

 

(焼きおにぎりを作っている時に、感じたこと。)

 

#感性 #美しさ #自己肯定感

 

この記事はいかがでしたか?