ライフスタイル・イノベーション とは →

美しさは、いつもそばにある。見ようとすれば、見えるものがある。

美しさは、いつもそばにある。 見ようとすれば、見えるものがある。 美しさをつくるものには、私たちの想像を超えた世界がある。 繊細で、大胆で、 奇跡の結晶とも表せるほどの。 美しい花も、ただの偶然ではなく、 全ての花で再現されている。 特別な美術や工芸品、お金のかかったエンターテイメントじゃなくとも、 感性を揺さぶられるような感動は、 いつも身近に溢れている。 私たちがそんな世界で生きていることを、 もっと日々で感じていたい 日々で磨く感性

美しさは、いつもそばにある。

見ようとすれば、見えるものが、そこにある。

 

私たちの視界には、様々な映像が映る。

見えているものは無限にあるが、見ている意識のあるものは、少ない。

見ようとしているもの以外は、ほとんど見えていない。

美しさを感じるには、意識が必要だ。

見ようとする意識で、美しさを捉えることができる。

その美しさも、毎日見ていると、美しいと思わなくなる。

だからいつも、リセットして接するくらいの、意識が必要だ。

 

私たちは、美しいもので囲まれている。

美しさをつくるものは、私たちの想像を超えた世界がある。

 

繊細で、大胆で、奇跡の結晶とも表せるほどの。

 

美しい花も、ただの偶然ではない。

道ばたの草でも、タンポポもまた、美しい。

 

美しいというと、特別なものだと思われがちだ。

 

特別な美術
伝統工芸品
お金のかかったエンターテイメント

 

そんな特別なものじゃなくとも、空を見上げるだけでいい。

 

感性を揺さぶられるような感動は、いつも身近に溢れている。

 

私たちがそんな美しい世界で生きていることを、

もっと日々で感じていたい。