運賃120万円の豪華列車が売り切れる理由は、演出と文化にあった ~地方創生や観光再活性化のヒント

春休みに、息子と男2人で、4日間の鉄道の旅をしました。

愛知から鉄道で西に向かい、鹿児島まで到達したら飛行機で帰ってくる計画です。

その3日目、JR九州の各列車に感動しました。

大人でも楽しめる鉄道の旅がここにあった

そんなことを感じました。

随所にこだわりの演出、それも総合で演出され徹底されている

のです。

プロデュースするチカラはすごい!と感じたものです。

電車の名前

いろいろと名前がありますが、いさぶろう・じんぺい号なんてどうやってつけたの?って感じですよね。

{F390159F-E6B4-4778-B5A3-7379EBC819C4}

外装(ラッピング)

シックな色で徹底的に統一されています。

{67F83198-E906-4825-BC43-00FC636EAE40}

電車内の内装

和風で徹底されています。

{771FD1F1-89A6-49DC-9D9E-12F0F3457F8A}

天窓もあり、空と森が見えます。

{C511F599-6D8B-4C85-AD54-F713BAC60FA9}

窓のシェードは、竹か籐あたりで出来た、光を完全に遮断しないもの

{2C9DDB5D-7B72-4B2A-A0EF-5B6A6FA97795}

こうして透けて見えます。

{43005489-AE60-44A5-B10C-DB57DA453179}

ちなみに新幹線も同じシェード。

{6729EA55-7093-4DB8-92F0-0DEF9475AE78}

SL人吉号の中は、鉄道模型があったり、SLの本棚があったり、子どもを楽しませる仕掛けが満載。

{923F1DD3-2D20-427F-83DE-8A03D0441588}

電灯から椅子まで、すべてが徹底された演出。

豪華列車じゃなくとも、指定料金で乗れる。

{DCE7682D-D62D-434F-B78A-2E33EC00ADC7}

お弁当まで演出

お弁当の演出もすごい。

{294825ED-7CD2-4ABB-89E3-3289513C96CA}

旅に来た感じ満載ですよね。

{A3A2CD8E-E754-4F2D-94C0-4FCF79615119}

観光バス、ならぬ、観光鉄道

女性の車掌がガイドしながら、各駅の停車時間は10分と長め。

お土産を買ったり写真を撮ったりするのは、まさに観光バスならぬ観光鉄道。

{F3357781-46BD-414E-833F-606FE164704D}

ほおって置くと廃線になるような場所で、スイッチバック(切り返し)で山を下りるため、運転手が運転台を行き来するのも、車内アナウンスで実況中継。

{D1A13439-75D8-4A09-84E6-98BDF0619A9B}

スポンサーリンク

JR九州の徹底ぶりと、他のJR各社は少し違う

2泊で120万円の豪華列車が売り切れになったのは何故か?

私は最初、ただのお金持ちのためのものだと思っていました。

JR各社が追従して豪華列車を作り出しているのを見て、バブルの再来か?と思ったものです。

その昔は、お座敷列車などいろいろありましたから。

でも、今回のJR九州だけは次元が違う徹底ぶりで、

鉄道観光文化ができた

ということです。

ほおっておけば廃線のような赤字路線を、外観や内装、アナウンスなどを含めた演出によって、再生したのです。

実際、私たちが乗っていた乗客の8割は外国人でした。

いやいや、JR九州はすごい。

すごい段取りだと思いませんか?

でもこれ、鉄道でなくともどの業種でも、どんな地域でもできるのです。

うまくいかないのは、演出がない(中途半端)からです。

ディズニーランドにしても、USJにしても、ハウステンボスにしても、徹底した演出がなされています。

私たちはそれとは違う・・・と思っている以上、活性化はほど遠いのではないかと思います。

それぞれの特徴を活かした演出をすることで、魅力を引き出し、人が集い活性化をするのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で