ダイエットはなぜ成功しないのか? イヤな人・嫌いな人との付き合い方や、愛の反対から考えてみる

見ようとしないと、見えないもの。

見たくなくとも、見えるもの。

 

こういうものってありますよね。

 

気にしたくないのに、気になること。

気にしておかなくてはならないのに、気にならないこと。

 

・・・何かと、うまくいかないものです。

 

 

朝のテレビやラジオなどで、

 

「今日のラッキーカラーは赤」などと言われると、

 

車も、服も、電車も・・・・なんて世の中に赤が多いんだ(あるいは少ないんだ)

 

と、気になることがあります。

 

みたくないものは、見ないようにしている

 

帽子が欲しいな~と思い始めると、

 

思ったより多くの人が帽子をかぶっている(かぶっていない)

 

ということに気づきます。

 

 

これは、カラーバス効果とも呼ばれる心理学用語の1つです。

 

意識をすると、情報が目に留まる

 

たった、それだけなのです。

 

世の中に赤いものが増えたわけでもなく、

帽子をかぶる人が急に減ったわけでもありません。

 

意識をしていなかっただけ

 

なのです。

 

意識をし始めると、急激に目に留まるわけです。

 

自分の乗っている車

自分の選んだ服

自分の好きなブランド

興味や関心など

 

自分の意識が向いているは、目に留まりやすくなるのです。

 

逆に、意識が向いていないものは、何も関心が沸かないのです。

 

 

たとえば、自分に子どもが居れば、子どもの成長や安全への関心が高くなります

 

生まれる前までは全く関心のなかった子育てや食のことも、当事者になると変わるのです。

 

一方で、当事者意識がなければ、関心も沸きません。

 

意識が芽生えなければ、環境が変わっても何も変わらないのです。

 

 

意識は、言動に変わります。

 

だから、意識が変わることが大切なのです。

 

 

見ようとしないと、見えないもの。

見たくなくとも、見えるもの。

 

 

それは、意識があるか/ないかの違いです。

 

意識すれば見えて、意識がないと見えないのです。

 

 

いや、自分は意識しているけど、見えない。

 

 

そう思うことがあるかもしれません。

 

でもそれは、

 

別のところに意識が向いている

意識を向ける場所が異なる

意識の向け方が弱い

 

のかもしれません。

 

 

目的に関心(意識)が沸けば、目的まで繋がる全てに意識を向けることができます。

 

ですから、分別せずすべてが意識の対象になりますから、目的は強い意識が集まります。

 

 

しかし、目の前のコトや方法/手法に関心が沸くものは、それより先に意識が向きません。

 

1つのコトが終われば意識することがなくなるので、終わると次にまた意識を向けて、又次に・・・と、意識し続けるという意識が必要になります。

 

これはなかなか難しいもので、意識は断片的に繰り返しすることは難しいのです。

 

 

また、意識の向け方が弱いときにも、行動を変えるところまでには至りません。

 

たとえば時間を守りたいのに守れない場合も、意識が遠のいているからです。

 

時間を守るというのは目先の意識なので、その先にある「守らなければどうなるのか」という目的に意識を向ければ、目先の行動はさほど大したことではありません。

 

 

意識していないのに、見てしまう

 

 

これもまた、意識をしているからなのです。

 

見ないでおこうとすることは、見ないでおきたい対象へ意識が集まっているからです。

 

ダメダメと思っていると、ダメなものに意識が集まるのです。

 

スキーで止まらない時、避けてくれた人の方向へ行ってしまうことがあります。

 

これは、そっちへ行ってはいけないという意識が、そっちに向いているので行ってしまうのです。

 

たとえば選挙でも、~がダメと言っていると、ダメなものへ関心が高まるのです。

 

ダイエットでも、食べないと思っていると、食べることに意識をしているので、食べてしまうのです。

 

 

すべては意識する方向で行動が集まるので、一番良い方法は、

 

意識しないこと

 

です。

 

無意識、無視して、記憶から消すこと

 

です。

 

少し考えても、すぐ消す

また考えても、すぐに消す

イライラしても、すぐに消す

 

こうして意識から消していけば、執着は薄れていきます。

 

 

仕事でも、嫌な人とも関わらざるをえません。

 

嫌だと思っていると、どんどん嫌になります。

 

ものすごく嫌だと思うと、仕事をするのが辛くなります。

 

 

ですから、嫌だと思った時に、嫌だという意識や感情を消すのです。

 

 

愛の反対は、無関心です。

 

意識を向けないことが、愛の反対だと思ってみましょう。

 

それであれば、究極の方法は、意識を向けないことです。

&
#xa0;

意識をすると、何度も呼び起こされ、記憶から消せなくなっていきます。

 

でも、呼び起こされてもすぐに消せば、いつか思い出すこともなくなります。

 

すると、いつか、忘れることができます。

 

嫌いだという感情すらも消えて、関心すら沸かなくなるのです。

 

 

逆を返せれば、意識をしていることは、愛なのです。

 

そんな風に、思いたくないですよね・・・・笑

 

 

意識ひとつで、行動の全てが変わっていきます。

 

その意識は、自分でしか変えられないものです。

 

そしてその意識を変えるのは、この瞬間から可能なのです。

 

 

 

いつも、段取りを進める時には、意識と向き合っています。

 

 

ぜひ意識に着目してみましょう。

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。