残業の原因は、白米にあった!? ~午後イチの仕事が、眠たくならない段取り

ランチ/昼食後の睡魔と戦う

午前中の仕事が終わり、午後に入ると、急に眠たくなりませんか?

 

ランチを終えて、お腹いっぱいになると・・・睡魔が・・・

 

午後イチの仕事が、眠たくならない段取り

 

爆睡モードですよね。。。 

 

しかも、春はかなり危険です。

 

ぽかぽか陽気になると、暖かくなってきて、抵抗するのも難しい、、、知らない間に寝ていたりします。

 

実はその昔、私は朝から眠たくなっていました。(笑)

 

朝食を食べると睡魔が・・・で、仕事にいく気力がなくなっていました。

 

とにかく、だるいんですよね。。。

 

昼食を食べると眠くて運転できなくなります。

 

そしてあるとき、合宿でカレーライスを食べて原因が判明しました。

それから眠さを回避する方法を見つけて、無事、眠くならないようになりました。

 

睡魔の原因は、ある食べ物にあった

 

お腹がいっぱいになるから、眠たくなるんでしょ?

 

・・・まあ、たしかにそうです。

 

でも、食べるものによって、その眠くなり方がかなり違います。

 

私が発見したその食べ物は、なんと、白米

 

 

白米を食べた日だけ眠たくなるという現象に気づきました。

 

他の食べ物の日は、そうでもありません。

 

そこで調べました。

 

やはり、白米が血糖値を急激に上昇させることが原因でした。

 

白米や砂糖などの糖類は、食べると血液の糖の割合を増やします。

 

その量が増えると、それを調整するために体内からインスリンが発生され血糖値を下げるということします。

 

こうして身体は血糖値を調整しています。

 

このインスリンは休息ホルモンとも言われ、このインスリンの発生が眠気を引き起こします。

 

お米はデンプンなので、特に白米はほとんどが急激に糖分に変わります。

 

ですから、糖そのものである砂糖はもちろん、砂糖を摂っていなくとも白米が眠さを引き起こすのです。

 

 

定食の、白ご飯
丼モノの、白ご飯
弁当の、白ご飯
おにぎり

 

食べてますよね~

 

ランチは、白米のオンパレードです。

 

食べる順番で回避する

 

どうしても食べなければならない場合には、

 

一口目から、白米を食べない

 

ということで、血糖値の急激な上昇が抑えられます。

 

他の野菜やタンパク質など、おかず類を先に食べて、それからご飯を食べるようにすれば、少し吸収がゆるやかになります。

 

私はどんな時でも眠くなってしまうので、家でも弁当も100%玄米です。

 

血糖値の急激な上昇によって出るインスリンが追いつかなくなりと。。。糖尿病になります。

 

糖尿病はインスリンが出なくなる病気なので、生涯、インスリンを打ち続けるしかなくなります・・・・・

 

毎日、昼過ぎに眠たくなっている人は・・・要注意なのです!

 

血糖値を急に上げない!

 

これが鉄則です。

そしてこの眠たさは、後に響きます。

 

そして、この

午後の作業効率の低下・パフォーマンスの悪さ

は、

残業の原因

 

にもなりかねません。

 

すなわち、

残業をしない段取りは、
午後のパフォーマンスを維持する段取り

 

にもなりえます。

 

私が当時、仕事が夜型になり残業ばかりしていたのは、朝食とランチの白米の影響が大きかったように思います。

 

残業の原因がランチの白米にあったなんて・・・ 

 

 

もちろん個人差にもよりますし、残業の原因はもっと別にあるかもしれません。

でも、私も全く疑わなかった白米のような原因が、あなたにもあるかもしれません。

 

一日のパフォーマンスを維持するということも、コンディションを保つという大切な段取りです。

 

今日から、昼食を見直して、残業を回避しましょう。

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。