仕事は頼むもの ~立場で勘違いをしない、フェアな関係

仕事において、「立場」を勘違いする人が多い。

下請けだからといって、奴隷ではない。

お金を持っている、発注している、役職がある、有名な会社の人は、「立場が上」なのだろうか。

他にも代わりがいる?

そんな驕りがあるのだろうか。

自分はそんなことを思っていない?

そうと思っている人も多い。

でも、

「仕事を振る」とか
「仕事をあげる」とか
「仕事を投げる」とかが口癖になっている人は、相手を尊重していない。

むろん、仕事も雑に扱っている。

私はどんな時でも、相手と対等だ。

上でも下でもない。

パートナーだ。

勘違いしている相手とは仕事をしない。

時間と共にそれがわかることもあるから、その時には見切りをつける。

僕の前だけ繕い、メンバーに豹変する人もいる。

そんな扱いされるなら、仕事を断る。

いくら外面を騙そうと思っても、メンバーを大切にできない経営者に、事業の未来はない。

働く人に対しても、同じ。

お客さんでも仲間でもみんな一緒。

仕事は頼むもの。

「よろしくお願いします。」

頼むとは、頼りにすることなのだから。

この記事はいかがでしたか?