感性って何? ~感性という言葉を英語で表すと?感性とは日本的な感性から生まれたもの

感性って何?

感性という言葉の入ったタイトルの本がいくつかあります。

感性という言葉がどのように使われているのか?

とても興味があって手に取っています。

たくさんの本を読んだのですが、残念ながら、ほとんどの本には、

感性とは、よくわからないもの

と書かれています。笑

定義があるようでない

というのが実際のところのようです。

それはなぜでしょうか。

{A6B3A6F5-55A9-4313-8264-BD4BC4E814C2}

感覚や感情など、感性とは似て非なるものも多く、うまく整理がつけられていません。

最も混同させているのは、英語で感性という単語がないためです。

感性の英単語を調べると

sense

sensibility

などが出てきます。

でもこれは、感受性や感覚という言葉に近いものになります。

他の解釈では、

affective

empathy

などの単語もでてきますが、やはりこれも感情の話。

感情は、感性によって生まれる心の揺れです。

なので、感情の源が、感性なのです。

ですから私は、感性に最も近い単語は、

heartstrings

心の琴線

だと考えています。

心に響く

 

っていうじゃないですか。

響くものがあるんですよね

このheartstingsという単語、どのようにして誕生したのか。

調べていますが、まだ見つかりません。。。

ただ、感性という単語が英語で充てられていないように、

この琴線という単語、もしかしたら日本語が充てられたものではないか?

とさえ思います。

なぜなら、感性という言葉は、海外では、kanseiとも表現されます。

kaizenではありませんが、感性の日本語がそのままkanseiとして海外で使われていることもあるのです。

感性について、海外の方とも話しても、なかなかその意味を理解してもらうことができません。

人にはすべて感性があるので、うまくそれを言い当てられないのかもしれません。

日本では感性とは当然のように扱われます。

そういった日本の社会的感性も含めて、日本ならではの言葉だといえるかもしれません。

哲学者の佐々木健一氏は、

感じることの性質、もしくは能力

と定義しています。

私はこのくらいシンプルな感じを受けます。

感じるということの性質、つまり、要素や軸のことです。

どんな刺激に、私は反応するのか。

どんな風に現れて、反応するのか。

それぞれの人に、感性の響くものと響かないものがあるんですよね。

その違いがあるのが、とても不思議です。

みんな響くものが違うというのがステキですよね。

良いも悪いもない。

感性は個性。

みんな違い、誰とも全く同じことはないんですから。

ぜひ、自分の感性を受けとめてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク