自分らしさを発揮するために ~自分らしさは、自分の段取りの特徴のこと

山登り

秋がそろそろやってきますね。
みなさんは山登りは好きですか?
私は普段から山に登りたいと思うことはほとんどありません。
でも、秋になると山に呼ばれているような気になります。
たぶん、果物が美味しくなり、紅葉が始まってくるからなのでしょう。
小さな山でも頂上に登った時の達成感、爽快感はとても良いですよね。
そんなことを想像していると、山に登ってもいいかな~という気になります。

さて、そんな山ですが、、、、
人は何かの夢や目標を、山とその頂上で例えることがよくあります。
頂上というゴールに向かう山登りですね。

①.あなたの山はどんな高さですか?
②.それをどのくらいの時間で登りたいのですか?
③.あなたはその山にどのようにして登りますか?

1つだけわかっていることもあれば、3つともわからないこともあります。
自ら進んで登りたい山もあれば、どうしても登らなくてはならない山の場合もあります。

いずれにしても、登ることが決まっている中で、どんな段取りをしますか?

人生をかけて登る山・・・となるとちょっと果てしなく高い気がしますが、
30代で登る山2015年で登る山今月登る山今週登る山今日登る山
といった形で考えてみましょう。

1つ1つが山になっている場合は、

近くの山が低く、遠くの山が高い

ということですね。
山が連なっている場合は、峰などで山が徐々に高くなっていく感じでしょうか。
また、1つの山を登る場合には、1合目2合目といったように徐々に登っていくこともあります。
いずれにしても、

1つ1つの区切りをもって私たちは最終的に高い山へと登っていく

のです。

登れる山から徐々に難易度の高い山へと登っていく

これはとても大切なイメージです。
高い山にすぐに登りたいと思う気持ちはあれど、やはり段階を踏んでいくということは大切です。
このつ1つの山の区切りが、段取りの段になります。
何を区切りとするのかは人それぞれですが、次の段階に進むための区切りになります。

人は登り続けることができないので、どこかで必ず区切りが必要です。
どこまで気持ちや体力を使えばいいのかがわかれば頑張れます。
区切りで休憩することで、気力や体力が回復するのです。
そして、振り返って登ってきた高さを実感することで、新しく次の段へと進むことができるのです。

山登りには、①高さと②時間は密接に関わります。
低い山は時間が短く、高い山は時間がかかわっているということです。
時間をかけて低い山を登ることはできますが、短い時間で高い山を登ることはできません。
もし、どうしても短い時間で高い山を登りたいのであれば、③どのようにして登るかということを考えなければなりません。

あなたなら、どう登りますか?どう段取りしますか?

これを考えるのが、自分らしさです。

もし、頂上に行くだけなら、
車でもいいでしょうし、ヘリコプターで降ろしてもらってもいいでしょう。

あなたがそれを望んでいるなら、それでも良いかもしれません。

でも、あなたならどのようにして登りますか?

山を登った経験が、次の山を登る時に活きる経験になるでしょう。
山を登った経験が、より高い山(ステキな山)を登りたいという欲求に変わるでしょう。
山を登る楽しみが、次の山を登る仲間を作るでしょう。

1つの山を登ったからこそ、次の山が見えてくるのだと思います。
1つの段取り経験が、次の山登りをする段取りの幅を広げるでしょう。
いろいろな苦悩や喜びがあったからこそ、あなた自身の行動や特徴がわかります。

そういう経験が、自分らしさを再発見してくれます。

期待以上の期待が、自分らしさと紐付くのです。

でも、段取りをせずに山登りをしたら、きっと、自分なりの段取りの基準が作れないままで終わります。

単に、楽しかった~!で終わるのです。

段取りをするから、想像と現実に違いが見えるのです。

でも、段取りって誰が作っても一緒じゃないの?

そう思う人も多いかもしれません。

自分が考えることは、誰もが考えることだ、と。

でも、段取りは全員が共通ではありません。
つまり、

自分の段取りは、あなただけの段取り

なのです。

つまりそれは、

自分らしさ

なのです。

その自分らしさを発揮するにはどうしたらいいでしょう?

いきあたりばったりで、自分が知らない自分らしさを発揮しても、
発揮した・・・とは、自分が思えませんよね。

自分自身の段取りとは、

自分の特徴をどのように発揮すれば、
良い結果を生み出せるのか

を考えることです。
ですから、

自分自身を段取りをすることで1つの発揮事例を作り、
それを基準にして次の発揮事例を作り、経験を積み重ねていくこと

です。
自分の段取りが、自分らしさ

です。

つまり、自分らしさを発揮したい、のであればば

自分らしさの段取り

ができるようになれば良いのです。

そのためにも、自分を普段からプロデュースするように、自分を段取りしていくことが必要です。

自分にどんな山を登らせるのか、どんな高さでどんな距離を、どんな方法で登らせるのか。

自分の思考や行動を意識し観察するすることはら始めましょう。

そうすれば、自分らしさを見つけ発揮できるようになるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク