ライフスタイル・イノベーション とは →

多様性

スポンサーリンク
日々で磨く感性

“人”参、それぞれ。  ~人参の語源/言葉の由来

“人”参、それぞれ。 人参の言葉の由来は、 二股などに先が分かれていたことから人に似た形をしている姿と、 参は入り混じるという意味で髭のようなものをイメージし、 「ヒゲの生えている人」になったそうな。 ...
日々で磨く感性

曖昧な社会で自由に生きる 〜分類されすぎて、居心地が悪くなった社会

すべては曖昧 この世の中の、すべては曖昧だ。 気持ちだって、 男女だって、 人種だって、 職業なんてのも 大人ということさえも 明確な線引きなんて、ない。 でも、曖昧なままでは居られない世の中だ。 なぜ、曖昧で存在できないのだろう...
日々で磨く感性

一つとして同じ形のない人参を見ていると、 や生きている全てが多様性に富んでいることを深く感じる。

一つとして同じ形のない人参を見ていると、 や生きている全てが多様性に富んでいることを深く感じる。 #多様性 #ダイバーシティ #人参 #ニンジン #不揃い
日々で磨く感性

【根を掘りあげる方が良い植物もある】 チューリップやダリアなどの球根で増える植物は、根を掘り上げて保管し、春に植え直すことで大きな花をつける 。 ほおっておくと球根が分球して増え、根が窮屈になり、充分な栄養を補給することができなくなってしまうから。 根を掘り上げてしまうなんて、自然界ではありえないこと。私たちの常識でも根を土から出してしまうなんて、常識的には考えない。植物の中には、根を少しでも傷つけると枯れてしまう植物さえあるのだから。 植物を見ればその多様さに気づくことが多くある。そして私たち人間が考える安易な常識にさえ意味がないことにも。

【根を掘りあげる方が良い植物もある】 チューリップやダリアなどの球根で増える植物は、根を掘り上げて保管し、春に植え直すことで大きな花をつける 。 ほおっておくと球根が分球して増え、根が窮屈になり、充分な栄養を補給することができなくな...
日々で磨く感性

決して同じ形は存在しない 植物も人も同じ

決して同じ形は存在しない 植物も人も同じ #多様性 #ダイバーシティ #個性 #栽培 #アイビー #へデラ
段取りの技術

多様な価値観を認め合う社会を作るには? 〜社会の問題を解決するために必要な多様性

私が創設し経営に携わるNPO法人コモンビートという団体は、多様な価値観を認める社会をつくるというビジョンを掲げて活動をしています。 一般社会人を開催地域で100人集め、100日をかけて国や文化などをの違いを乗り越えるストーリー...
仕事/ビジネスの感性と段取り

多様性のない組織/地域の成長が止まる理由 ~人の五感は慣れると、違うものを探し始める

多様性 それは多様な人が集まり、1つの軸を持っていることです。 だから、多様という雑多な状態に、1つの軸(方向性)を持つと、多様性という言葉になります。 雑多な状態では、何かを生み出すのに時間がかか...
スポンサーリンク