手を繋ぐと伝わること ~人の繋がりは、手を繋ぐこと。感性がお互いの心を近づけます。

最近、あなたは手を繋いでいますか?

 

 

手を繋ぐと伝わること ~人の繋がりは、手を繋ぐこと。感性がお互いの心を近づけます。

 

 

私は、人と会った時に、よく握手をします。

 

 

 

 

 

仕事で固い握手を交わすこともあります。

 

 

 

 

でも誰もが最初は、こんな風に手を握っていただけですね。

 

 

手を繋ぐ

 

こんな手の繋ぎ方でも、

 

赤ちゃんも、大人も、

 

それぞれに手を通じて、何かが通っていたのだと思います。

 

 

 

私には、3歳と6歳の子がいます。

 

一緒に手を繋いで歩いています。

 

なぜ、手を繋ぐのでしょう。

 

 

手を繋ぐと安心するからなのかもしれませんね。

 

頼れるということなのかもしれません。

 

 

手を繋ぐというのは、信頼なのでしょう。

 

 

信じて頼る、信頼。

 

 

信用という契約ではなく、信頼という絆。

 

 

ビジネスでも、手を繋ぐことがあります。

 

お互いの会社で業務提携契約とか、協働とか共同とか。

 

契約という信用かもしれませんが、信頼関係がなければ、疑心暗鬼になるばかりで事業はうまくいきません。

 

 

そんな時は、実際に手を繋いでみると良いでしょう。

 

握手をするだけで、何かお互いに伝わるものがあります。

 

話をしているだけ、よりも、何かが伝わります。

 

なぜ繋がると、伝わるのでしょう。

 

それは、感性のおかげです。

 

ほんの1~2秒の握手をするだけで、いろいろなことがわかります。

 

握手をした時の力の強さ

皮膚がぎゅっと圧迫される感覚

手の温かさ

 

もちろん、勝手に推測することもありますが、それでも、何か伝わることがあります。

 

話以上に、何かを伝えたいことがあります。

 

人が繋がること、心が繋がること。

 

人生でもビジネスでも、人との繋がりが大切です。

 

 

人との繋がりとは、手を繋ぐこと。

 

 

まずは、実際に手を繋ぐ、握手をしてみましょう。

 

きっと、話しているよりも、何かが感性に響きます。

 

そして、心の距離が近づくはずです。

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。