dandorism とは →

塩素があるから水が飲める、でも有毒物質

毎日の生活

塩素のメリット

塩素は殺菌・漂白作用があるため、水道の水に溶かしておくことで消毒され、雑菌が沸きにくくなります。

私たちが安心して水が飲めるのも、塩素が入っているからです。

水道法の規定で、家庭の蛇口で1リットル当たり0.1 mg以上の濃度を保つように定められています。

しかし、塩素そのものは有毒な物質で、皮膚に触れると炎症になったり、大量に吸うと死に至る場合があります。

また、塩素が水中の様々な有機物(アンモニアや鉄分など)と反応し、発癌性物質のトリハロメタンが発生すると言われています。

水には様々な物質が含まれていますが、水質汚染が進む中で、塩素で消毒する必要も高まっているため、
塩素濃度を高めるしかなく、それに比例して毒性も高まるという悪循環になっています。

私たちの生活では、肌や髪のカサカサの原因の1つがこの塩素で、皮膚アレルギーの人はこの塩素の刺激による痒みでとても苦労しています。

[adrotate group=”1″]

→ 水道水は、蛇口によって塩素濃度が違う!?
⌂ 水道水と塩素の関係 〜塩素の抜き方・家全体からビタミンCまで