dandorism とは →

猛毒「塩素」とのつきあい方 ~水道水に含まれる塩素を浴びる毎日

毎日の生活

金魚の水から、カルキを抜かなければならない理由は?

ビタミンCが塩素を中和する

私たちの生活に使われている「水道水」には、塩素が入っています。

普段はあまりその事を意識することはありませんが、金魚などを飼うときの「カルキ抜き」という作業があったり、プールでは独特の臭いがあることで、塩素が含まれていることを知っています。

ちなみに、水道水に金魚を入れると、すぐに死んでしまいます。

これは、金魚が塩素を取り込んでしまうため、塩素中毒になってしまうからです。

では、人間は大丈夫なのでしょうか。

私たちは、毎日塩素を浴びている

私たちは毎日、水を使って生きています。

水を飲んだり、風呂に入ったり、手を洗ったり、トイレを使ったり、草木に水をあげたり、洗車をしたり・・・

私たちの身体の70%も水分でできていると言われていますので、水が不可欠であることはいうまでもありません。

私たちが使う水のほとんどは、水道水から出てくる塩素入りの水です。

[adrotate group=”1″]

塩素があるから水が飲める、でも有毒物質

塩素があるから水が飲める、でも有毒物質 - 発癌性物質のトリハロメタンが発生し、肌や髪の乾燥の原因の1つ
塩素は殺菌・漂白作用があるため水道水の雑菌が沸きにくくなります。私たちが安心して水が飲めるのも、塩素が入っているからです。しかし、塩素は有毒な物質で皮膚に触れると炎症になったり、発癌性物質のトリハロメタンが発生すると言われています。肌や髪の乾燥の原因の1つといわれ皮膚アレルギーの人は痒みでとても苦労しています。

蛇口によって塩素濃度が違う

蛇口によって塩素濃度が違う - 水道水と塩素の関係 〜塩素の抜き方・家全体からビタミンCまで
水道水は浄水場で塩素が水に注入されます。その浄水場からそれぞれの各家庭にある水道の蛇口まで水道管で繋がっています。ですから浄水場から近い蛇口と遠い蛇口が存在し、そしてその蛇口によって塩素濃度がかなり違ってくるのです。また、夏と冬でも塩素濃度がことなります。夏のほうが雑菌が湧きやすいので濃くなるのです。

水道水から塩素を抜く様々な方法

水道水から塩素を抜く様々な方法 - 水道水と塩素の関係 〜塩素の抜き方・家全体からビタミンCまで
日常生活をしている中で、塩素を取り除くことはどこまでできるのでしょうか。手洗いからお風呂、飲み水まで家庭にきている1本の水道管から複数の蛇口に分けられ私たちはいろいろな場所で使うことになります。ですから、飲むための水の塩素、家丸ごとの塩素、風呂水の塩素まで様々な方法があります。

飲み水の塩素を抜く方法

飲み水の塩素を抜く方法 - 水道水と塩素の関係 〜塩素の抜き方・家全体からビタミンCまで
飲み水の塩素を抜くのに一番簡単なのは、スーパーなどで水やミネラルウォーターを買ったり、ウォーターサーバーを置いたり、また、安く(無料で)サービスしていたりするものを利用することでしょう。また、飲むだけであれば、蛇口に浄水器を付けるのが良いでしょう。この場合、浄水フィルタを定期的に交換することは必須です。

家じゅう、丸ごと水道水から塩素を抜く方法

飲み水の塩素を抜く方法 - 水道水と塩素の関係 〜塩素の抜き方・家全体からビタミンCまで
水道栓の元に浄水器を付けて、家から出る水道のすべてを浄水する方法です。この方法であれば、手を洗う水からお風呂の水まで、すべての水から塩素が抜けます。アレルギー体質の方などにはこの方法に頼らざるを得ないかもしれません。こうした浄水器は、セントラル浄水器と呼ばれていますが、装置を買ったりレンタルする必要があります。

風呂水から塩素を抜く方法

風呂水の塩素を抜く(中和)方法-かゆみ・アレルギー体質に効果的
私たちが一番長く水道水に浸かっているのはお風呂。つまり、長時間、塩素に浸かっているのです。お風呂から上がると体がかゆい・乾燥すると思ったことはありませんか?それは塩素が原因かもしれませんアレルギー体質にも効果的で手軽に塩素が抜ける方法があります。また、お風呂での長時間の塩素吸入は害があるとも言われています。