すべての物事にはストーリーがあります。そのストーリーを自らシナリオとして描き、イメージに合わせて進めていくという技術が重要になります。プロデューサーやディレクターは、ストーリーテーラーです。俯瞰しながら全体を進行していく必要があります。