段取リズム(dandosrism)とは

dandorism(段取り思考)は、「できる」をつくる

段取り思考(dandorism)を身につける(習慣化する)ことで、個人と社会の未来が変わります。

段取りを「自転車に乗る」かのように習慣化すること。それは、イメージした様々な夢や未来へのステップ(道筋)を鮮明に描くことができ、現実感そして達成確率が飛躍的に高まります。

なぜなら、何をするにもそのステップ(段階)を設定できると、「ゴールには必ず到達する」というクセがつきます。

これは、自己肯定感はもちろん、自己信頼感を向上させ、自らも周囲をも達成するイメージによってゴールへと導かれるのです。

 

段取りを習慣化(リズム)にすることで、「これならできる」の確信がつくり、自らを「できる」に導くことができる、それが段取リズムの意味です。

 

誰もがdandorismを持つことで、社会全体の「できる」が高まり、より豊かな社会作りに寄与できると考えています。

 

 

運営者 イノベーションファクトリー