ライフスタイル・イノベーション とは →

ライフスタイル・イノベーション/dandosrism(段取リズム)とは

多様性のない組織/地域の成長が止まる理由 ~人の五感は慣れると、違うものを探し始める

 

※本サイトは、2018年末までアメブロで行っていた内容を元に2019年に新規サイトとして開設いたしました。イノベーションファクトリー株式会社にてライフスタイル提案のメディア事業として事業化し、今後、メディア発信とともにライフスタイル・イノベーションセミナーなども実施して参ります。

スポンサーリンク

ライフスタイル・イノベーション

私たちの生き方、私たちの意識を、新しい時代にアップデートしていく必要があります。

働き方改革と言われますが、働くということそのものだけを切り離すことなどできません。

 

働き方改革は、生き方/暮らしかたの改革

つまり、ライフスタイル・イノベーション

 

変化の早い時代。

何が変わらず、何を変えていくのか。

思わず、戸惑ってしまいます。

 

一方で、AIの研究が進むほど、人間がすべき役割や可能性は再認識されています。

 

イノベーション発想に不可欠な、概念構築スキル

 

私たちが望む世界は、私たちの感性によって描かれています。

感じることよりも考えることが優先される中、もっと私たち人間でしかできない、感覚や感性を研ぎ澄ますことが必要な時代です。

本来、私たちにはそうした身体性が備わっており、そのことに向き合う意識があれば、自身を向上させることができます。

 

子どもたちが活躍する未来に向けて、私たち大人が生き方/暮らしかた(ライフスタイル)を、改革(イノベーション)する必要があります。

新しい時代に向けて、大切なこと、変えていくことを見極められる、そんな意識を日々でアップデートしていきましょう。

 

dandorism(段取リズム)とは

 

私たちが望む未来は、明日突然現れるわけではありません。

様々な積み重ねの中で、日々、培われています。

 

私たちの日々のすべては、未来への段取り

 

日々、何気なく過ごす日々。

その日々にある「ひとつ、ひとつ」が、未来をつくっていきます。

 

未来を見ながら、いまをしっかり生きること。

 

今だけを見ていても、より良い未来は描けません。

一方で、未来だけ見ていても、今を犠牲にしては未来に繋がりません。

今をしっかり生きていくことで、未来が楽しみになっていきます。

そのひとつひとつが、未来を作っていくのです。

 

今を楽しみ、それが未来の楽しみに繋がっているのであれば、とてもワクワクしませんか?

 

段取りというと、どうしても「考える」ことが最初だと思ってしまいます。

でも、考えるよりも先に、「感じる」ことが大切です。

自分の今の気持ち、感情に向き合って、ゴールをイメージした時に、そこまで繋がりを感じます。

どのようにその道を描くのか、どんな気持ちでどんな過程で進むのか?

それはあなた自身が決められるのです。

あなたが描く、未来への物語(ストーリー)、それが「段取りです。

 

Will と Can と Must

 

自分が感じる未来に向けて、今を変えていくことは大切です。

今の変化こそが、未来を変化させるのです。

原因がなければ、結果が出ません。

 

未来に繋げる、未来に繋がる

そんな、

意識のひとつひとつが、ポジティブに、行動を一つ前に一つ上に変えていく。

それが、dandosrism(段取リズム)です。

 

dandosrism(段取リズム)

段取り(dandori)の思考(-ism)という意味と、

段取り(dandori)をリズミカルに(Rhythm)という意味を込めた造語です。

 

「今が未来に繋がっている。私たちはそのステップを踏んでいる。」という意識が普段から身につけば(習慣化できれば)、個人と社会の未来が変わります。

無責任に今を生きることもなくなりますし、未来に生きる人に対する無責任さもなくなるでしょう。

そして、何をするにもそのステップ(段階)を設定していくことで、「ゴールには必ず到達する」という思考が身につきます。

それは、「これならできる」の確信がみにつき、自らと周りをも「できる」という感覚にしていくことができます。

 

誰もがdandorismを持つことで、未来への意識が高まり、社会全体の「できる」が高まり、より豊かな社会作りに寄与できると考えています。