ライフスタイル・イノベーション とは →

2017-04

スポンサーリンク
子育て/育児の感性と段取り

プラレールは、段取り感覚を身につける最適な一歩 ~幼児期から感覚で段取りを身につける知育玩具

タカラトミーが発売しているプラレール。 たかが玩具と言ってしまえばそれまでですが、私はこのプラレールがあったからこそ、段取りが身につくための基礎ができたと思っています。 プラレールというと...
日々で磨く感性

安全対策をし過ぎると、人はロボット化する 〜五感で感覚を磨くと、危険も察知もできる

安全対策には、限度があるのでしょうか。 ホームドアをつけたら事故が少なくなったというニュースを見て、 だったら日本じゅうの鉄道の駅につけるのか?バスにも必要になるんだろうか? そんなことを感じてしまい、若干、怖くなります。 あらゆる...
日々で磨く感性

便利になったことで、削られてしまった手続きを見直すと、そこにはとても大切にしていた価値がある

便利な世の中になった そんな言葉がよく使われます。 ここでいう便利とはどういう意味でしょうか。 目的を果たすのに都合のよいこと。 あることをするのに重宝で、役に立つこと。また、そのさま。 「生活する...
スポンサーリンク
日々で磨く感性

試着、試食、お試しという「行動力」文化 ~女性は圧倒的に行動量が多い

試供品 試着 試食 試飲 試● この試すという行為。  想像してみると、女性のほうが試す機会は圧倒的に多いです。 男性が試●をするものもありますし、あまり多くはありません。 視聴や試乗は好んでするかもしれませんが、...
仕事/ビジネスの感性と段取り

イノベーション発想に不可欠な、概念構築スキル ~新しい視点(定義)が生まれる考え方の段取り

私の仕事のメインは、事業開発。 すでに事業を行っている会社では、新しい事業を作ったり今の事業を発展させたりすることのお手伝いです。 これから事業をする場合には、起業や創業といったことも伴ってきます。 私自身...
仕事/ビジネスの感性と段取り

不自然さを感知する感情のセンサー 〜AI時代に必要な、人間だからできる能力

技術の進歩はめざましく、人の想像を超え、時には行き過ぎることもあります。残念ながら、人間は行き過ぎまでを具体的に想像することができませんでした。地球温暖化も、金融第一主義の経済も、様々な事件や事故も。。。ビジネスの現場でも、それが行き過ぎな...
仕事/ビジネスの感性と段取り

少子化問題を解決する唯一の方法とは? ~社会福祉の実態と、希望溢れる未来を描くリーダーの必要性

少子化問題と言われていますが、実感がわきませんよね。 「少子化」という、「子どもが少なくなっているよ」という言葉は、何が問題かを想像させにくいですよね。 きっと、何が問題になるかを想像できない問題なのかもしれません。 それはそうです、未来の...
社会・地球と感性

PTAで成人教育部長になってみた ~ボランティアの意味、異なる立場同士が共通の活動をする理由

子どもが小学校に入るということで、PTAの委員に立候補をしたのですが、そのPTA総会が昨日ありました。 うちの小学校は300人に満たない小さな学校で、出席した人も50人くらい。 教頭先生やPTA会長さんなど、みな...
仕事/ビジネスの感性と段取り

音楽を開放する ~私のイノベーションの原点。20年前に描いたビジョン、そしてミッション

私が最初に起業したのは、高校を卒業して上京した18歳。 音楽でメシを食っていく!と意気込んで上京して半年足らずで、音楽に関する仕事で報酬をもらった。 コンピューターに、CD-ROMが搭載されたことが画期的な時代。...
定番記事

収穫をしたければ、まず種を撒こう ~種がなくては芽が出ない。花も実もつかない。

 種蒔きは、しましたか? 何かを達成したい 夢を叶えたい 理想を手に入れたい そう思うのであれば、まず種を蒔こう。 土を眺めていても、始まらない。 そこに、種がなければ、芽は出ない。 ...
日々で磨く感性

収穫をしたければ、まず種を植えよう。 芽が出るには、温度と水、土などの環境が整う必要がある。 どれだけ急かせても、明日に花が咲くことはない。 栽培も、私たちの夢も、きっと同じ段取り。

収穫をしたければ、まず種を植えよう。 芽が出るには、温度と水、土などの環境が整う必要がある。 どれだけ急かせても、明日に花が咲くことはない。 栽培も、私たちの夢も、きっと同じ段取り。 #段取り #夢の段取り #栽培の段取り
段取りの技術

ダイエットはなぜ成功しないのか? イヤな人・嫌いな人との付き合い方や、愛の反対から考えてみる

見ようとしないと、見えないもの。 見たくなくとも、見えるもの。 こういうものってありますよね。 気にしたくないのに、気になること。 気にしておかなくてはならないのに、気にならないこと。 ...
スポンサーリンク